オフィシャルブログ

こんにちは!

今日は月曜日でお仕事の方が多いと思います。
先週はありがとうございました。
肌寒く感じる日も増え、ホットコーヒーがより美味しく季節になり久しぶりにお会いするお客様が多く嬉しい限りです。

お店は本日定休日で久しぶりにのんびり過ごしてます。
これからスーパー銭湯へ行って、スーパーへ行き、家の掃除をしたいと思います。
振り返れば、今日みたいに仕事を離れ休息をとることは、今年に入って5日あるかないかです。
忙しいことはいいことだと思いますが、私は時間の使い方が下手で要領が悪いと痛感しています。

また明日から張り切って営業いたしますので今週もよろしくお願いいたします。

コーヒー豆の情報ですが、コスタリカ ピエサン農園が間もなく終売となり、今週中にルワンダ マクバというコーヒーを販売スタートします!

2000年代から注目され始めたルワンダ産コーヒー。
ルワンダはアフリカ大陸の東に位置する四国の1.5倍ほどの小さな国です。

ルワンダのコーヒーは浅煎りや中煎りにした際、爽やかでフルーティーな酸味と甘さで口あたりが良く、ほどよいコクがありとても美味しいコーヒーです。
しかし、これは現在のコーヒー豆の特徴で、以前は正直品質の劣るコーヒー豆がとても多かったです。

ルワンダの歴史で1994年に民族紛争により起こった大虐殺は皆さんなんとなく記憶にあるのではないでしょうか。
この内戦により約100万人もの犠牲者が出ました。
人口の約10%が犠牲になり、多くの成人男性が兵士として借り出された影響も受け、内戦後の人口の約8割が女性だったといいます。
そんな困難な状況を乗り越えようと、その後ルワンダでは復興運動が起こります。
コーヒーの生産にも力を入れ始め、現在では国の輸出総額の25%を占めるほどに成長しました。
また先進国の支援で品質も向上し、現在のコーヒー豆になった経緯もあります。
品種はブルボンが多いです。
フルーティーで甘い香り、時にフローラルな一面もあり、バランスが良くクリーンカップで飲みやすいコーヒーです。

これから秋が深まってまいります。
秋は風の変化が面白いですね。
初秋は残暑の名残を感じる風が吹き、次第に爽やかになり、そして晩秋には冷気をともなった風が吹きます。
今の爽やかな時期にぴったりのコーヒーかと思います。
私も一度でいいので「マスターって爽やかですね」と言われてみたいです(笑)

是非、お楽しみいただければと思います。
今週もよろしくお願いいたします。
いつもご利用いただきありがとうございます。