オフィシャルブログ

ホンジュラス ロス・トレス エルマノス

こんにちは!双実堂コーヒーのマスターです。

タイのコーヒー豆がもうすぐ完売となります。
タイにかわりましてホンジュラス ロス・トレス エルマノスという豆をこれから販売開始いたします。

ホンジュラスは中央アメリカ中部にある共和国です。
日本の約3分の1ほどの国土面積で人口は約950万人です。
国土のほとんどが山地で平地は20%ほど、温暖な気候と火山性の豊かな土壌、標高の高い地など、高品質なコーヒー豆を生産できる条件が揃っています。

ホンジュラス ロス・トレス エルマノス農園は、ホンジュラス中西部ラパス県のグアスポロロ地区にあります。
モンテシージョ山脈の尾根にある小さな集落です。
集落ではおよそ20の家族が暮らし、それぞれ2~4Haほどの農園でコーヒー生産を行っており、ロス・ソラサレス・デ・グアスポロロという生産グループを組織して、互いに協力しながらコーヒー生産を行っています。
地域グループ全体で高品質のスペシャルティコーヒーの生産にシフトし、特に品質の高いロットは今回のように農園単位のマイクロロットとして流通するように変化してきました。

きれいな酸味をいかしたいため中煎り前半でローストしてます。
洋ナシやミカンのような甘みをともなった酸味が美味しく、雑味がなくクリーンで上品なコーヒーです。
甘みと果実感の調和に満ちた心地よいアフターテイストも素晴らしいです。

ホンジュラスのコーヒーは様々な表情を持っています。
生産地、焙煎度によってもだいぶ味わいが変わりますが、淹れ方でも大きく味わいが変わります。
粉を粗くしたり、注ぐ湯量を増やしたり、抽出速度をはやめたりしてあっさりとしたカップにすると、軽やかな飲み口のなかにほどよい酸味と甘みが心地よくサラッと飲めてしまう美味しさがあり、逆に濃くいれますと奥行きのあるボディと厚みのある甘みと穏やかな苦味を感じ、それはそれでとても美味しいコーヒーです。

皆さまも、是非その時の気分や食べ合わせ等でいろんなタイプのコーヒーをお楽しみいただき、心癒されるコーヒータイムをお過ごしいただければと思います。

いつもご利用いただきありがとうございます。